/

この記事は会員限定です

損保ジャパン、保険リスク計算に疑似量子技術 日立と

[有料会員限定]

損害保険ジャパンは日立製作所と組み、2022年度から自然災害向けの再保険のリスクを計算する際に量子技術に似た仕組みを活用する。従来のコンピューターで数年かかる計算を数日で解けるほか、事前に想定しづらい損害リスクへの目配りも可能になり、精度が上がる。再保険に出すリスクを減らすことで1割程度の増収を見込む。

日立製作所が開発した「CMOS(相補性金属酸化膜半導体)アニーリング」と呼ぶ疑似量子計算機を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン