/

この記事は会員限定です

顧客本位「脱・言いっぱなし」金融庁 取り組みを比較しやすく

[有料会員限定]

金融庁は、金融機関が顧客本位の業務運営をしているか比べやすい仕組みをつくる。取り組み状況を客観的にはかれる指標を含めて具体的な情報開示を求める。顧客本位の業務運営を掲げてから5年目に入るが「貯蓄から資産形成へ」という目標実現は道半ば。取り組みを可視化し、顧客本位を掲げながら実体を伴わない「言いっぱなし」を防ぐ。

金融庁は2017年3月、安定的な資産形成をはかるためには金融商品の販売や助言、開発、運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン