/

この記事は会員限定です

電力供給の安定 官民で備えを

十字路

[有料会員限定]

電力問題の記事を目にすることが多い。戦争で燃料価格が急騰し卸電力価格を押し上げ事業者の経営を圧迫しているとか、曇天で太陽光が発電しない時の調整電源が足りず節電要請が出たとか。実は戦争による燃料高は電力問題を浮き彫りにしたにすぎず我が国が抱える電力の課題はもっと複雑で根深い。

日本は地震の多い島国である。11年前の原発事故から多くの原発は停止しておりベース電源は天然ガスと石炭に依存する。資源がない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン