/

この記事は会員限定です

偶然か必然か、経済・金融団体トップに住友系ずらり

[有料会員限定]

経済・金融業界団体のトップを今年、住友系企業が占めて話題となっている。経団連会長企業の住友化学を筆頭に、全国銀行協会会長には三井住友銀行頭取、生命保険協会会長には住友生命保険社長が就いた。日本損害保険協会と関西経済連合会、信託協会と合わせて4つの金融業界団体と2つの経済団体のトップを旧住友財閥で構成する「白水会」企業が占めた。偶然か必然か。

もちろん偶然の側面は強い。象徴のひとつは全銀協の会長行だ。3メガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン