/

この記事は会員限定です

「中国に日本化リスク、金利低下へ」ゴールドマン居松氏

Foresight

[有料会員限定]

世界経済が新型コロナウイルス禍からの回復局面を迎えるなか、景気持ち直しの速度や政策対応は地域によってばらつきも出ている。中国をはじめアジアの経済・金融市場の先行きはどうなるのか。香港を拠点に米ゴールドマン・サックスの世界の金利トレーディング部門を共同で統括する居松秀浩氏に展望を聞いた。

――米国では金融政策の正常化が意識されているのに金利が上がってきません。

「米経済は順調に回復している。コロナワ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン