/

この記事は会員限定です

先進国中銀、インフレ懸念で緩和見直し論 米は議論時期探る

[有料会員限定]

日米欧の中央銀行が今週から来週にかけて金融政策を決める会合を開く。米連邦準備理事会(FRB)は雇用の一段の改善を確認するまで金融緩和を続ける構えだが、足元のインフレ懸念で緩和縮小を模索する声も一部に出始めている。欧州中央銀行(ECB)は経済の先行きに慎重で政策修正とは距離を置く。日銀も出口が遠い状況だ。緩和見直しを巡る中銀間の温度差を市場も注視する。

先進国の中銀は総じて2%程度の物価上昇率を政策目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン