/

この記事は会員限定です

日銀、脱炭素融資で優遇検討 マイナス金利の負担軽減

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日銀は15~16日の金融政策決定会合で、金融機関の気候変動対応の投融資を促す新制度の骨格を決める。銀行がマイナス金利の適用を回避しやすくするといった優遇策を検討する。日銀としての取り組み方針も月内に示す考えで、日銀が抱える外貨準備で欧州などの環境債を買う案が浮かぶ。欧州中央銀行(ECB)なども気候リスクへの政策対応を進めており、脱炭素に向けた中銀の動きが加速している。

日銀は6月の決定会合で金融機関の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン