/

この記事は会員限定です

金ETF、21年1~3月は資金流出1兆円 景気回復期待で

[有料会員限定]

世界の金上場投資信託(ETF)から資金が流出している。国際調査機関のワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によると、2021年1~3月は95億ドル(約1兆円)の流出超過となった。四半期で13年4~6月以来の大幅流出だ。景気回復への期待から、低リスク資産とされる金を手放す動きが鮮明になった。米国の長期金利上昇も金離れにつながった。

世界の金ETFが保有する金現物は20年10~12月に比べ178トン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン