/

この記事は会員限定です

ブランド株上昇が映す「消費の限界」 旅行関連など苦戦 

デルタ型拡大で行動抑制続く懸念

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

世界の株式市場で高級ブランド品関連株に投資マネーが流入している。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)感染拡大や中低所得層の収入減もあり、旅行・レジャー株が苦戦する中で、カネ余り環境で富裕層の消費が高級ブランドに向かっているためだ。広がりに欠ける消費が続けば、景気の回復ペースが鈍る恐れがある。

13日のフランス市場では主要株価指数CAC40が反落するなか、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンやエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン