/

この記事は会員限定です

「モカ」コーヒーに供給懸念 エチオピアの政情不安で

[有料会員限定]

コーヒー発祥の地とされ、「モカ」の愛称で有名なエチオピア産のコーヒー豆に供給懸念が浮上している。現地の政情不安で輸送に支障が生じたとの見方が広がるほか、世界的な海上輸送の混乱も重なり輸入は滞りぎみだ。

エチオピア産は日本の輸入量の5~10%を占める。3割を占める主力のブラジル産に比べシェアは低いものの、「モカ」として特有の香りや風味は根強い人気がある。

「昨年12月中は在庫が完売し値段がつけられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン