/

この記事は会員限定です

先進国国債ファンドに資金逃避 流入額、過去最大

[有料会員限定]

先進国の国債ファンドへの資金流入が拡大している。米調査会社EPFRによると、2022年1月から7月の先進国国債ファンドへの資金流入額は約1130億ドル(約15兆円)となり、統計を遡れる05年以降では年間ベースで最大だった。世界各国での金融引き締めや高インフレが景気悪化を招くとの懸念が強まる中、投資家が安全資産とされる先進国国債へ資金を逃避させている。

先進国の中でも資金流入が顕著なのは米国だ。米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン