/

AOKIHD、一時11%高 オフィスワーク再開期待で買い

話題の株

8日の東京株式市場で紳士服大手のAOKIホールディングス株が反発し、一時前日比74円(11%)高の742円をつけた。新型コロナウイルスの感染者数の減少が続き、オフィスワークの本格再開に伴う紳士服事業の収益回復期待が高まった。ネットカフェやカラオケ店事業が堅調なことも、上昇に拍車をかけたもようだ。

8日は青山商事が終値で4%高、コナカが同2%高と紳士服関連株が上昇したが、なかでもAOKIHDの上昇ぶりが目立つ。

同社が8日発表した、紳士服店「AOKI」などを含むファッション事業の9月の既存店売上高は前年同月比12.2%減。前年割れが続くが、前月からは減少率が縮まった。

同社はファッション事業のほか、複合カフェの「快活CLUB」やカラオケ店「コート・ダジュール」などを手掛ける。同日発表のエンターテイメント事業の9月の既存店売上高は同9.9%増。今期から月次状況の開示を始めた同事業は、上半期6カ月間はいずれも前年超えだ。

7日深夜に首都圏で発生した地震で多くの帰宅困難者が出て、漫画喫茶などに泊まる事態となった。「ネットカフェ事業に対する個人投資家による連想買いもあるのではないか」(岩井コスモ証券の饗場大介氏)

2022年3月期の連結最終損益は13億円の黒字見通し(前期は119億円の赤字)。予想PER(株価収益率)は47倍前後と割高感が目立つが、「サラリーマンがオフィスに戻ってくれば月次売上高が回復し、割高感が薄らぐ可能性もある」(松井証券の窪田朋一郎氏)との声があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン