/

この記事は会員限定です

運輸関連株軟調、海運市況の悪化 景気の鈍化織り込みも

[有料会員限定]

運輸関連株が軟調だ。3月下旬以降、海運市況が下げ基調を強めており、世界で関連株が低迷している。港湾での新型コロナウイルス対策が緩和され、物流の逼迫懸念が後退した。金融引き締めによる景気鈍化を織り込み始めたとの見方もある。

8日の東京株式市場でNIPPON EXPRESSホールディングス(日本通運)株が6%下落した。この2週間で16%安となった。同期間でセイノーホールディングスが13%安、日本郵船

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン