/

この記事は会員限定です

ファンドの日本参入、迅速に 実績あれば審査不要

[有料会員限定]

海外の資産運用会社が日本市場に参入しやすくなる。金融庁は参入に半年から1年程度かかっていた行政手続きを大幅に短縮する。海外で実績があるファンドは、財務状況の厳しい審査や煩雑な手続きをなくす。優秀な人材が日本で暮らしやすくする生活支援策と合わせ、海外のマネーや金融人材を呼び込む。

金融庁は今冬にも改正金融商品取引法を施行し、手続きを簡素にする。海外投資家の資金の運用が過半を占めるファンドや、海外当局...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン