/

この記事は会員限定です

第一生命・三菱UFJが出資、ブラックロック再生エネ基金

[有料会員限定]

第一生命保険、三菱UFJ銀行、国際協力銀行は8日、資産運用大手の米ブラックロックが運用する新興国の再生可能エネルギー向け官民ファンドに出資することを決めたと正式に発表した。世界の官民が資金を出し合い、新興国の気候変動対応を促すインフラ構築を支援する。収益を確保しながら環境や社会への良い影響を目指すインパクト投資と位置づける。

国際協力銀行は最大3000万㌦(約33億円)を出資する計画だ。民間からも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン