/

この記事は会員限定です

LME鉛、1カ月ぶり高値 景気回復で需要増加期待

(更新) [有料会員限定]

自動車のバッテリーなどに使う鉛の国際価格が1カ月ぶりの高値を付けた。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は7日の終値が1トン1993.50ドルと、終値ベースで3月5日以来の高値を付けた。世界景気の回復期待で自動車など向けの需要増加期待が高まった。

日本時間8日の時間外取引では1985ドル前後で推移した。国際通貨基金(IMF)は6日改定した世界経済見通しで2021年の成長率見通しを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン