/

宇野郁夫・元日本生命社長死去

元日本生命保険社長の宇野郁夫(うの・いくお)氏が11月2日、肺炎のため死去した。86歳だった。お別れの会を開くが、日時や場所は未定。

宇野氏は大分県出身。1959年(昭34年)に東大法学部を卒業し日本生命に入社。主に人事畑を歩んだ。97年に社長に就任。2005年からの会長期間を含めて計14年間、経営トップをつとめた。1990年代後半からの金融危機では、保険を含めて再編の嵐が吹き荒れるなかで独立路線を貫いた。

生命保険協会長も2度つとめ、2012年に国際保険会議から「保険の殿堂」を受賞、13年には旭日重光章を受章した。トヨタ自動車の社外取締役なども歴任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン