/

この記事は会員限定です

新政策織り込む市場 再生エネや飲食株、期待先行で上昇

[有料会員限定]

8日の東京株式市場で、日経平均株価が終値ベースで約5カ月ぶりとなる3万円台を回復した。前週末の菅義偉首相による自民党総裁選への不出馬表明後、一気に1600円超(6%)の上げを記録した。上昇をけん引したのは脱炭素に向けた政策で恩恵を受ける銘柄や、経済活動再開で息を吹き返すような銘柄だ。市場が映すのは次期政権が打ち出すと期待する政策メニューで、実現しなければその反動が出る可能性もある。

菅首相が総裁選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン