/

この記事は会員限定です

NY原油80ドル突破、7年ぶり高値 生産抑制で需給逼迫

(更新) [有料会員限定]

ニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近物が8日、一時1バレル80ドル台前半まで上昇した。80ドルを超えるのは2014年11月以来、約7年ぶり。新型コロナウイルス禍からの経済正常化や天然ガス高騰の影響で需要が回復する一方、産油国の生産抑制やハリケーン被害で供給が伸び悩み、世界的に需給が逼迫している。

WTIは7日までに年初来で6割上昇している。経済正常化の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン