/

この記事は会員限定です

岸田首相と竹中平蔵氏の間合い

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

岸田文雄首相の「新しい資本主義」がはっきりしない。「成長と分配の好循環」の柱は賃上げで、アベノミクス路線と大差はない。再分配重視で「改革」は封印かと思いきや、デジタル規制改革には意欲的だ。曖昧さの象徴は「新自由主義からの転換」を看板にしていながら、竹中平蔵慶大名誉教授を首相官邸の政策会議に残したことだ。

「高速通信規格の5Gの共同アンテナをぜひ推進してほしい。デジタル技術で未来の街づくりを実現す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン