/

この記事は会員限定です

日本を竜頭蛇尾とするな

十字路

[有料会員限定]

本紙朝刊の小説「ふりさけ見れば」では遣唐使だった阿倍仲麻呂が描かれている。当時だけではなく遣隋使や明治維新、第2次世界大戦後をあげるまでもなく、日本は海外の知識や技術、法制度を取り入れ改良して発展してきた。

テレビ大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代には、鳥獣戯画でも知られる高山寺を中興した明恵上人が承久の乱を機として三代目執権北条泰時と親交を結び、鎌倉幕府の政治的思想にも影響を与えたとされる。明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン