/

日経平均終値、5カ月ぶり3万円台 政策期待の買い続く

8日の東京株式市場で日経平均株価は8日続伸し、前日比265円07銭(0.9%)高の3万0181円21銭と終値ベースで4月5日以来、約5カ月ぶりに3万円台を回復した。8日続伸は昨年11月以来。自民党総裁選を経て発足する新政権の経済対策を期待した買いが続いた。

この日は7日に独通信大手のドイツテレコム株を取得すると発表したソフトバンクグループが一時11%高となり、日経平均を押し上げた。取引開始前に発表された4~6月期の国内総生産(GDP)改定値で設備投資が速報値から上方修正され、業績改善期待から設備投資関連銘柄を中心に製造業にも買いが広がった。東証株価指数(TOPIX)は1990年8月以来31年ぶりの高値を更新した。

この8日間の日経平均の上昇幅は2000円を大きく上回り、短期的な過熱感も強まっている。新首相の経済対策も実施には時間がかかるとみられ、思惑的な買いが相場を主導している面も大きい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン