/

少額送金「ことら」10月11日開始 メガ銀の手数料無料に

大手銀行や地方銀行など40の金融機関が参加するスマートフォン少額送金基盤「ことら」の運営会社ことら(東京・中央)は8日、10月11日にサービスを始めると発表した。同社に出資する3メガバンクはQRコード決済アプリを使った少額送金の手数料を同日から無料にする。10万円以下の個人間送金が対象で、電話番号やメールアドレスの入力で手軽に送金ができる。

ことらを使って無料送金が可能になるのはQRコード決済アプリ「Bank pay(バンクペイ)」。りそな銀行、埼玉りそな銀行もバンクペイでのことら対応を予定する。三井住友銀行は自行のネットバンキングアプリ「三井住友銀行アプリ」もことらに接続する予定。みずほ銀行は同行が提供するスマホ決済「J-Coin Pay(Jコインペイ)」でも10月11日からことらを使って手数料を無料にする。

地方銀行では横浜銀行やふくおかフィナンシャルグループの傘下行、広島銀行などのスマホ決済アプリでの対応が決まっている。

個人間の送金ではPayPayなどスマホ決済サービスの残高を通じたやりとりが普及しつつある。一方、従来の銀行振り込みやネットバンキングは一回一回手数料がかかるほか、銀行口座の番号を伝えるのが手間だった。英国など海外では既にことらと同様の頻度が高い小口決済の利用が浸透しつつある。邦銀勢はことらを通じて少額送金サービスでの巻き返しを図る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン