/

この記事は会員限定です

高配当株に減配リスクの影 投資家「安定性」で選別

斎藤正弘

[有料会員限定]

日本株市場で高配当株に減配リスクが懸念され始めた。素材や電力などコスト高の影響を受ける業種で、減配・無配転落の発表が相次いでいる。年明け以降の波乱相場では、コロナ禍で潤沢になった手元資金を株主還元に回すという期待から高配当株に資金が流入してきた。配当という支えを失えば、日本株相場全体が大きく押し下げられる恐れが出てくる。

「原料高で減益になるのは仕方ないが、まさか無配とは。売却しようか迷っている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1127文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン