/

この記事は会員限定です

第一生命稲垣社長「営業員は安定給与へ」 詐取受け改革

[有料会員限定]

第一生命保険は2022年度にも営業職員の評価制度を大幅に見直す方針だ。稲垣精二社長がインタビューで「安定的な給与制度に移行することを考えている」と表明した。元営業職員が約19億円の金銭を詐取していた問題が発覚したことなどを受けて、大量採用・大量離職を前提とした営業職員のあり方を改める。

山口県の元営業職員による19億円の詐取は20年10月に発覚し、金融庁は保険業法に基づく報告徴求命令を出した。第一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン