/

この記事は会員限定です

株価指数、違いを生かす 海外や成長株に投信で分散

[有料会員限定]

有力な株価指数に連動した運用成績を目指すインデックス型の投資信託が根強い人気だ。投資コストが安いうえ、日本や米国などの株価指数はニュースで日々報じられており運用成績におおよその目星が付けやすいためだ。ただ、株価指数といっても多種多様だ。特徴をおさえ、投資に活用しよう。

「長期の資産形成には運用コストが安いインデックス投信が重宝する」。東京都内の40代の男性会社員はこう話す。インデックス投信とは、株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン