/

この記事は会員限定です

日銀の国債保有、なぜ多い? 黒田緩和で5割突破

イチからわかる金融ニュース

[有料会員限定]

日銀は7日、6月の長期国債の買い入れ額が簿価ベースで16兆2038億円に達したと発表しました。月間の買い入れ額としては過去最高です。これまで政府が発行した国債のうち、過半を日銀が買い取っています。国債は個人に加え、銀行や保険会社、年金基金など機関投資家が運用対象として保有するのが普通で、日銀の大量保有は異常事態と言えます。なぜ、日銀は国債を買うのでしょうか。

日銀はいくら保有しているの?

データ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

旬の金融ニュースをイチからわかりやすく解説します。国内外の金融政策や注目の金融ビジネスを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン