/

この記事は会員限定です

新興国襲う複合リスク 物価高や通貨安で政情不安も

ウクライナ侵攻で混乱拡大

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻が、新興国経済が直面するリスクを深めている。両国からのエネルギーや穀物の輸出が減少し、食糧難や政情不安、財政危機に陥る国も増えてきた。資源や食料を輸入に頼り、観光業に収入を依存する国の状況が厳しい。国連などは大規模な飢餓への警戒も強め始めた。複合的なリスクが世界経済の最も脆弱な部分に暗い影を落としている。

「新しい調達先を何とか探そうと努力している」。レバノンのサラーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン