/

この記事は会員限定です

野村やSBI、トークンで資金調達支援 年内にも参入

[有料会員限定]

野村ホールディングス(HD)とSBIHDはデジタル資産の一種であるトークンを使ったビジネスを始める。年内にもトークンを使ってスタートアップ企業などの資金調達を支援する検討に入った。これまでは企業が発行する株式による出資が一般的だったが、企業、団体、個人を問わず発行できるデジタル資産を使って資金を集める。証券会社のビジネスモデルも変わりつつある。

トークンとはブロックチェーン(分散型台帳)技術を基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン