/

この記事は会員限定です

年金増やし長生きに備え 「繰り下げ受給」の心得

変わる年金(3)

[有料会員限定]

「繰り下げ受給ではいくつか確認すべきことがあります」。社会保険労務士の永山悦子氏は年金相談で訪れる人に必ずこう助言している。公的年金は通常65歳からの受給を66歳以降に遅らせると、金額が1カ月につき0.7%増える。現在は70歳まで、4月から75歳まで繰り下げられ、75歳で受給開始なら84%増となる。「年金が8割増えるというメリットに関心が強く、注意点まで知っている人は少ない」(永山氏)という。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン