/

この記事は会員限定です

仮想通貨関連株が下落 ビットコイン安、収益悪化を懸念

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)の関連株がふるわない。7日の東京株式市場では仮想通貨の交換事業を手がけるGMOフィナンシャルホールディングスが年初来安値を更新したほか、マネックスグループSBIホールディングスも売られた。代表的な仮想通貨であるビットコインの価格が大幅安となり、交換所の運営会社や仮想通貨を保有する企業の収益に影響を与えるとの懸念が強まった。

交換所の運営会社への売りが広がる。「GMOコイン」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン