/

この記事は会員限定です

データ運用、進むブラックボックス化 不適切情報混入も

Tech×Market データ競争2.0㊦

[有料会員限定]

「インサイダー情報が含まれるリスクがあるというのか」。2021年9月、オルタナティブデータを扱う市場関係者に動揺が広がった。米証券取引委員会(SEC)が米大手データ会社アップアニーを証券法違反で提訴し、同社が制裁金を支払うことで和解したと発表したためだ。

同社は公開データであるアプリのダウンロード件数といったデータを収集し、独自の数理モデルを使って分析し、スマホゲーム会社などの業績予想を投資家に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人工知能(AI)、アルゴリズム、超高速取引(HFT)……。技術の進化がヒトの存在感を薄め、市場での価格決定のメカニズムを大きく変えています。市場にインパクトをもたらす最先端のイノベーションの動きを追います。連載企画「Tech×Market」の第1部「デジタルの奔流」はAIやアルゴリズムが市場をどう変えたか、第2部「データ競争2.0」は独自のデータを手に入れられるかどうかで、運用の優勝劣敗が決まる様を描きました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン