/

この記事は会員限定です

ロビンフッドの大貢献

十字路

[有料会員限定]

7月1日、投資アプリのロビンフッドがナスダック上場を申請した 。残高のある口座の数は2021年3月末で1800万と、創業わずか8年で野村証券の3倍を超えた 。時価総額は4兆円規模とされる 。

強みは手数料無料だけではない。口座開設時には抽選で株式が当たる。わずか数タップで百万分の1株単位から株を購入できる 。暗号資産なども同じアプリ内で投資できる。全ては企業理念の「金融の民主化」のためだ。

容易さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン