/

この記事は会員限定です

小型成長株は売りの最終局面か(窪田真之)

〈プロの羅針盤〉楽天証券 チーフ・ストラテジスト

[有料会員限定]

2022年に入ってから、東京証券取引所で、バリュー(割安)株が上昇、グロース(成長)株が下落する極端な二極化が起こっています。これは日本だけではなく、世界中の株式市場に共通の流れです。

2月末時点で、東証バリュー指数が小幅にプラスの中、大型グロース株主体の東証グロース指数は11.1%の大幅マイナスです。小型グロース株によって構成される東証マザーズ指数はさらに下落率が大きく、年初来で26.5%の暴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

「プロの羅針盤」では、株式投資に大切な銘柄選びや、為替、債券を含めた相場の見方について解説。 企業価値の測り方やリスク回避などを、運用に精通したプロが独自の視点で個人投資家に向けてお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン