/

この記事は会員限定です

米市場でインフレ観測再燃 8年ぶり水準、景気楽観論映す

FRB警戒招くか 円の一段安も

[有料会員限定]

米国の債券市場でインフレ観測が再燃してきた。経済正常化への期待が高まり、市場が織り込む予想インフレ率は約8年ぶりの高水準で推移する。米連邦準備理事会(FRB)は静観する姿勢だが、景気過熱を見越した動きはリスク資産へのマネー流入を通じたバブル懸念にもつながる。FRBが近く緩和縮小に動くとの思惑も根強いなか、一段の円安余地を生む可能性がある。

FRBのデータでは、米市場の予想インフレを示すブレーク・イ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン