/

この記事は会員限定です

日銀買わずも上がらぬ金利 「インフレマグマ」にリスク

学頭貴子

[有料会員限定]

長期金利が低くとどまっている。世界ではインフレが加速し日本でも物価上昇圧力は高まっている。日銀は国債購入を大幅に減らし、事実上の「金融緩和縮小」に動く。いずれも本来なら金利上昇につながるはずだが10年債利回りは0.1%前後で推移する。国債市場は想定外のインフレが起きれば逆回転が一気に進むリスクをはらむ。

「消費者物価指数(CPI)の上昇は避けられない」。JPモルガン・チェース銀行の佐々木融市場調査本部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1254文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン