/

この記事は会員限定です

環境と資源需給のジレンマ

一目均衡 シニアライター 山下真一

[有料会員限定]

英石油大手BPが3月に発表した2020年の年次報告書が波紋を広げている。石油会社が長く重視してきた指標の1つ、「RRR(リザーブ・リプレースメント・レシオ)」を今回、経営上の重要指標からはずした。

RRRは生産により減少した原油・ガスの埋蔵量をどれだけ回復できたかを示す。水筒の水を飲みその分を補充しないといずれ空になるのと同じで、生産した分を回復しないと、埋蔵量が減り将来の生産に不安が生じる。その...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン