円、対ドルで一時133円台に下落 20年ぶり安値 - 日本経済新聞
/

円、対ドルで一時133円台に下落 20年ぶり安値

7日の外国為替市場で円相場が下落し、一時1ドル=133円台を付けた。133円台は2002年4月以来20年2カ月ぶりの円安・ドル高水準。世界的なインフレ傾向を背景に世界の中央銀行が金融引き締めを急ぐ一方、日銀は大規模な金融緩和を続ける姿勢を崩していない。世界と日本の金融政策の方向性の違いが意識され、円安・ドル高が進んでいる。

円相場は5月9日に1ドル=131円台前半の安値を付けた後、いったん円安の流れが止まっていた。ただ欧州中央銀行(ECB)が利上げ姿勢を鮮明にしたため改めて日銀との方向性の違いが意識され、円売り・ドル買いの流れが再開している。7日にオーストラリア準備銀行(中央銀行)が大幅な利上げを実施し、対豪ドルの円売りが対米ドルに波及した面もある。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません