/

この記事は会員限定です

「高根の花」銘柄が活況 東証要請で株式分割に期待

井口耕佑

(更新) [有料会員限定]

最小投資単位が大きい「値がさ株」が買われている。東京証券取引所が投資単位が大きい企業に単位引き下げを求め、株式分割に期待が高まっているためだ。個人が買いやすくなれば、少額投資非課税制度(NISA)を使った個人の安定株主が増え、株価を下支えするとの見方だ。先んじて分割した任天堂株は堅調に推移する。次の任天堂を探すべく、個人を先回りした物色が広がる。

ニトリホールディングス5.9%高、コーセー3.4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません