/

この記事は会員限定です

運輸トランスフォーム 航空・鉄道、逆境が生む跳躍力

[有料会員限定]

3月下旬の日曜日。羽田空港に向け、福岡空港を夕刻に飛び立った全日本空輸の旅客機は満席だった。

使用する機材は米ボーイング787。燃費性能に優れる中型機で席数は300席台だ。福岡―羽田は新幹線よりも航空便のシェアが圧倒的に高いドル箱路線。以前であれば売り上げの最大化を重視し400~500席の大型機を使うのが当たり前だった路線で、メインの旅客機が中型機にシフトしている。

新型コロナウイルスの感染拡大が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン