/

この記事は会員限定です

樹木葬・納骨堂・女性専用… 広がる墓の選択肢

妻の老後(8)

[有料会員限定]

「自分が死んだら、木や花で飾った樹木葬の墓に一人で入りたい」。パート勤務の女性Aさん(65)はこう話す。夫の家の墓は近所の寺が管理する一般的な墓地にあるが、夫の先祖が眠るところに嫁として入るのは落ち着かないという。夫婦仲は良く、ガーデニングが趣味のAさんの希望を夫も理解しているため「どんな樹木葬があるか、費用はどれくらいかを調べている」(Aさん)。

「○○家之墓」などと墓石に彫られた従来の「一般...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1661文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません