/

みずほ、楽天証券に2割出資発表 ネットと対面融合

(更新)

みずほフィナンシャルグループ(FG)と楽天グループは7日、みずほ証券と楽天証券ホールディングス(HD)の資本業務提携を正式発表した。みずほ証券が楽天証券HD傘下の楽天証券に約2割出資する。対面サービスとオンライン取引基盤を掛け合わせ「ハイブリッド型の総合資産コンサルティング」を目指すと掲げた。

みずほ証券が楽天証券HDから楽天証券株の約2割を800億円で買い取り、持ち分法適用会社とする。株式の取得は11月1日を予定している。

楽天証券の顧客にみずほ証券の対面コンサルティングを提供したり、みずほ証券が引き受けた株式や債券を楽天証券に販売委託したりして連携する。みずほの銀行顧客に対しても楽天証券で扱う商品を紹介し、選択肢を増やすことで幅広い世代の資産形成にも貢献する。

三井住友FGが6月にSBIHDへの出資を発表するなど、大手金融とネット金融が提携を模索する動きは加速している。若い世代でも資産形成の動きが加速するなか、メガバンクグループなどはネット証券の台頭に危機感を抱いている。

SBIと並ぶネット証券大手の楽天証券は、若年層にも顧客基盤を拡大し800万を超える口座数を持つ。みずほ証券は全国226の支店やブースで主に高齢者や富裕層に手厚い対面サービスを行ってきたが、楽天証券と組むことで将来の顧客基盤を確保できる。一方で、ネットが中心の楽天証券も対面コンサルという自らにない営業手段を得られる。

楽天グループは10月に楽天証券HDを設立し、傘下に楽天証券のほか楽天投信投資顧問と楽天ウォレットが入る証券事業の再編を実施していた。楽天証券HDは上場を目指している。楽天側はみずほとの提携で上場にあたって中長期的な企業価値向上につながると見込む。

ニューズレター

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません