/

この記事は会員限定です

東京海上、中小製造業の損害額予測 SAPと提携

[有料会員限定]

東京海上ホールディングスは、中小製造業向けに事故時の損害額を予測するサービスを2022年にも始める。ソフトウエア大手のSAPジャパン(東京・千代田)と提携し、両社の技術やデータを連動させる。損害リスクの把握から事故時の補償まで一貫して提供する体制を整える。

SAPが手がける経営情報を管理できる統合基幹業務システム(ERP)を法人顧客網で拡販する。同システムを通じて生産設備の稼働状況や入出庫情報をリアルタイムで集め、事故や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン