/

この記事は会員限定です

日本政策投資銀行社長に地下誠二氏 3代続けて生え抜き

[有料会員限定]

政府は27日の閣議で日本政策投資銀行(DBJ)の渡辺一社長(63)が退任し、後任に地下誠二副社長(59)が就く人事を了解した。3代連続で生え抜きの社長となる。元財務次官の木下康司会長(65)は続投し、杉元宣文取締役常務執行役員(57)が副社長に就く。6月末の株主総会を経て正式に新体制を発足させる。

DBJは政府が全株式を持ち、旧日本開発銀行の時代から総裁・社長職には財務省OBや、企業経営に携わっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン