/

レーザーテックが一時4%安 米ハイテク株安が波及

話題の株

6日の東京株式市場でレーザーテック株が3日続落し、一時前週末比1095円(4%)安の2万8480円まで下落した。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」感染拡大に加え、米連邦準備理事会(FRB)による量的金融緩和の縮小加速への警戒から、前週末の米市場でハイテク株が売られた。日本でも同社などの高PER(株価収益率)のハイテク銘柄を中心に売りが出た。終値は同770円(3%)安の2万8805円。

同社のPERは足元で123倍台と、同じく半導体関連の東京エレクトロン(23倍台)と比べても割高感が強い。先端半導体の生産に用いる「EUV(極端紫外線)露光技術」対応の検査装置を手掛け、個人投資家を中心に注目度が高い。

2021年7~9月期は受注高が1083億円と前年同期の4.4倍となった。「受注の多さに比べて、生産能力が追いつかないのではと懸念した売りもある」(東海東京調査センターの石野雅彦氏)との見方も出る。

もっとも、業績成長への期待は根強い。しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹氏は「バリュエーション(投資尺度)を見れば短期的に売りが加速する可能性もあるが、中長期では押し目買いとともに上昇余地は十分にある」と指摘していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン