/

この記事は会員限定です

中国関連の消費株下落 コロナ最多、ロックダウン継続で

[有料会員限定]

中国で消費関連のビジネスを手掛ける日本企業の株価が下落している。中国で新型コロナウイルスの新規感染者が過去最高を更新し、上海市は都市封鎖(ロックダウン)を継続している。6日に発表された非製造業の景気指数は景気判断の分かれ目となる50を7カ月ぶりに下回り、中国の消費に対する投資家の懸念が出ている。

中国での売上高比率が高い銘柄を調べた。6日の東京株式市場では中国で約170店舗を展開するめがねのジンズホールディングス

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン