/

この記事は会員限定です

証券各社、高齢客をつなぎ留め 次世代の資産承継狙う

[有料会員限定]

大手証券が高齢の顧客をつなぎ留めるために新たな金融商品を投入する。東海東京フィナンシャル・ホールディングス(FH)は財産の管理を家族などに任せる「民事信託」で、契約後も高齢者が株式に投資できるようにする。大和証券は資産承継に関する複数のサービスをまとめて提案する。高齢の顧客の運用資産の現金化が課題となっており、新商品で次世代への資産承継につなげる。

民事信託は親が委託者となり、受託者の子供に財産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン