/

この記事は会員限定です

火災保険の家計負担重く 2015年以降、累計3割値上げ

[有料会員限定]

住宅や工場の火災に備える火災保険の家計負担が高まっている。大手損害保険は今年10月に1割強の値上げに踏み切り、家計負担は2015年以降の累計で約3割増える。戸建て住宅なら年12000円に上る。パソコンなど家財の少額保険も廃止する。火災保険は12年連続赤字で収益構造が悪化しているためだが、損保各社全体で見ると過去最高益。安易な値上げは家計の保険見直しにつながる可能性もある。

損害保険大手3グループ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン