/

三井住友FG、インドのノンバンク買収へ 2200億円投資

(更新)

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は6日、インドのノンバンク大手フラトン・インディア・クレジット・カンパニーを買収すると発表した。約20億ドル(約2200億円)を投じ、発行済み株式の74.9%を取得する。三井住友FGは今年に入って、ベトナムやフィリピンの金融機関に相次いで出資している。インドへの進出を通じて、成長が続くアジアへの展開を加速する。

当局の認可を前提に、2021年内にもシンガポールの投資会社テマセクの子会社から株式を取得する。将来的には発行済み株式の全てを取得し、完全子会社にすることを目指す。

フラトン・インディアは、1994年に設立されたインドのノンバンク大手。約1万4000人の従業員を抱え、国内に650を超える支店を張り巡らせる。

強みを持つのが、中小企業や個人向けローンの分野だ。成長性の高い都市部のほか、金融サービスが行き届いていない地方の農村部にも幅広く顧客基盤を有する。貸出残高は2021年3月期に2505億ルピー(約3700億円)と同国内で10位以内に入る。

貸し出しから得られる利ざやも21年3月期時点で11.3%と、世界的な金融緩和で先進国を中心に利回りが低下する中でも高水準を維持している。インドのノンバンク市場は年2ケタ台で伸びており、今後も経済成長を背景に住宅ローンなどの拡大が期待できる。

売上高にあたる業務粗利益(円換算ベース)は21年3月期に前の期比12%減の476億円、最終損益は182億円の赤字(前の期は114億円の黒字)だった。新型コロナウイルス禍で政府が返済猶予を求めたことなどから、貸し倒れに備える費用が膨らんだ。三井住友FGは足元で新規の感染者が減っていることなどから今後、資金需要の回復が進むとみて買収に踏み切った。

三井住友FGはアジアの経済成長を取り込むため、現地の金融機関への出資を加速している。4月にはベトナムのノンバンク大手のFEクレジットに、6月にはフィリピンのリサール商業銀行(RCBC)に出資を決めた。フラトン・インディアは足元でオンライン融資などデジタル分野にも注力しており、三井住友FGが持つノウハウを横展開することで、相乗効果の創出も狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン