/

この記事は会員限定です

菜種先物2カ月半ぶり安値 カナダの輸出減少で

[有料会員限定]

菜種油の原料となる菜種の国際価格の高騰が一服した。3日の米インターコンチネンタル取引所でウィニペグ菜種先物(期近)は5日続落し、一時1トン1102カナダドルとおよそ2カ月半ぶり安値を付けた。主産国カナダの輸出減少を受け、ウクライナ戦争が菜種油の需要拡大につながるとの思惑が沈静化した。

菜種先物は5月13日に1226カナダドルと過去最高値を更新していた。ウクライナ産が多いヒマワリ油の輸出が減少し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン